コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷直経 くまがい なおつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷直経 くまがい-なおつね

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
武蔵(むさし)熊谷郷(埼玉県),安芸(あき)(広島県)三入荘の地頭。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)鎌倉幕府追討のため挙兵。建武政権が崩壊すると足利尊氏にしたがい,室町幕府成立後美濃(みの)(岐阜県)などに地頭職をえる。本領の熊谷郷をはなれ,三入荘に定住。通称は小四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷直経
くまがいなおつね

生没年未詳。鎌倉末期から南北朝前期の武将。父は直満。安芸(あき)国三入庄(みりのしょう)(広島市安佐北区可部(かべ)町)の本庄を相伝する熊谷氏惣領(そうりょう)として、南北朝内乱をのりきった。元弘(げんこう)の変の初めは関東御家人(ごけにん)として、楠木正成(くすのきまさしげ)の立てこもる諸城の攻撃に参加したが、鎌倉幕府の崩壊が決定的になった1333年(元弘3・正慶2)5月には後醍醐(ごだいご)天皇の綸旨(りんじ)を奉じて丹波(たんば)に二階堂氏を攻めた。建武(けんむ)政権の滅亡後は、足利(あしかが)氏に従い室町幕府への忠節に励み、恩賞として多くの所領を獲得した。のち本領武蔵(むさし)国熊谷(くまがや)郷(埼玉県熊谷市)を離れ三入庄に定着し、安芸国の国人領主として領主制の再編成に成功した。[鈴木哲雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熊谷直経の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android