熱エネルギー(読み)ネツエネルギー

デジタル大辞泉 「熱エネルギー」の意味・読み・例文・類語

ねつ‐エネルギー【熱エネルギー】

内部エネルギーのこと。また、そのうち原子分子熱運動エネルギー
燃料を燃やしたときに生じる熱がもつエネルギー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「熱エネルギー」の意味・読み・例文・類語

ねつ‐エネルギー【熱エネルギー】

〘名〙 (エネルギーはEnergie) 分子・原子の熱運動、熱振動によって物体内に貯えられているエネルギー。
煤煙(1927)〈三井米松〉「折角気罐に投入せられた石炭の熱エネルギーも、不完全燃焼のために僅々その二割しか動力として現はれないといへば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「熱エネルギー」の意味・わかりやすい解説

熱エネルギー
ねつエネルギー
thermal energy

物体のもつ内部エネルギーあるいはエンタルピー,あるいは物体に出入りするなどの総称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android