燕子花図屏風(読み)かきつばたずびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕子花図屏風
かきつばたずびょうぶ

尾形光琳の代表作 (1701頃) の一つ。『伊勢物語』に取材するが物語性を排除し,8つの燕子花の群れのリズミカル配置と,金,緑青群青の明快な色彩効果を主題としている。6曲1双の金地の屏風国宝。根津美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる