コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕子花図屏風 かきつばたずびょうぶ

2件 の用語解説(燕子花図屏風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕子花図屏風
かきつばたずびょうぶ

尾形光琳の代表作 (1701頃) の一つ。『伊勢物語』に取材するが物語性を排除し,8つの燕子花の群れのリズミカルな配置と,金,緑青,群青の明快な色彩効果を主題としている。6曲1双の金地の屏風。国宝。根津美術館蔵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

燕子花図屏風の関連キーワード浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩高田藩アイフル安東省庵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燕子花図屏風の関連情報