コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕子花図屏風 かきつばたずびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕子花図屏風
かきつばたずびょうぶ

尾形光琳代表作 (1701頃) の一つ。『伊勢物語』に取材するが物語性を排除し,8つの燕子花の群れのリズミカルな配置と,金,緑青群青の明快な色彩効果を主題としている。6曲1双の金地屏風国宝。根津美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

燕子花図屏風

江戸時代中期の絵師、尾形光琳の絵画(18世紀初頭)。「伊勢物語」の「八橋」の段を題材とした屏風絵。六曲一双。紙本金地着色。国宝。根津美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

燕子花図屏風の関連キーワード渡辺始興花鳥画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燕子花図屏風の関連情報