爪牙(読み)ソウガ

  • ▽爪牙
  • そうが サウ‥
  • そうが〔サウ〕
  • そうげ サウ‥

デジタル大辞泉の解説

つめと、きば。転じて、人を傷つけ、また脅かすもの。魔手。「爪牙をとぐ」
主君や国家を守護する家来。主君の手足となって働く家臣。「爪牙の臣」「爪牙耳目」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「が」は「牙」の漢音)
① つめときば。そうげ。
※都氏文集(879頃)三・為源大納言譲陸奥出羽按察使「臣実須脚践沙漠之地、身臨胡虜之庭、致其腰領之誅、肆其爪牙之鋭」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「彼は忽ち爪牙を露し、陰に告訴の意を示して之を脅し」 〔列子‐楊朱〕
② 主人の手足となって働く家臣。爪牙耳目。そうげ。
※本朝文粋(1060頃)五・為小一条左大臣第一表〈菅原文時〉「伏帷、陛下初継聖体、新守明文、龍虎爪牙之群、或前或後」
※新著百種(1889)序〈坪内逍遙〉「頼母しき人々を爪牙とし」 〔春秋左伝‐成公一二年〕
〘名〙 (「げ」は「牙」の呉音) =そうが(爪牙)
※太平記(14C後)一七「雖鷹犬之才、屡忝爪牙(サウゲ)之任

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android