コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛場卓蔵 うしば たくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛場卓蔵 うしば-たくぞう

1851*-1922 明治-大正時代の経営者。
嘉永(かえい)3年12月生まれ。明治9年内務省にはいり,朝鮮政府顧問などをつとめる。退官後,日本土木役員などをへて,20年山陽鉄道に入社。寝台車食堂車の導入,赤帽の配置などサービス向上策をすすめる。37年会長。この間25年衆議院議員。大正11年3月5日死去。73歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。慶応義塾卒。本姓は原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

牛場卓蔵

没年:大正11.3.5(1922)
生年嘉永3.12(1850)
明治大正期の実業家,政治家。伊勢国一志郡七栗村(三重県久居市)に原平一郎の3男として出生,のち牛場家の養子となる。明治4(1871)年慶応義塾に入り,9年内務省入り。勧業課長などを勤めたのち,15年には福沢諭吉の推薦により朝鮮政府の学事顧問となる。帰国後は大蔵省主税官となり,また第2回総選挙(1892)に郷里(三重1区)から当選するなどしたが,活動の舞台は実業界に移り,日本土木,帝国ブラシ,千代田生命などの取締役となった。特に手腕をうたわれたのは20年に入った山陽鉄道会社の経営においてであり,寝台車の導入などにそれが生かされた。

(村瀬信一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

牛場卓蔵の関連キーワード大正時代経営者没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android