コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留置施設 リュウチシセツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留置施設
りゅうちしせつ

都道府県警察の警察署に付設された、被疑者を逮捕留置するための施設。監獄法の全面改正をもたらした刑事収容施設法(平成17年法律第50号)制定以前は「留置場」という名称でよばれていたが、同法成立により名称が改められるとともに、同法の規制対象となる。応急の救護を必要とする者を一時的に収容する保護室とは異なる。被留置者の逃亡や罪証隠滅などを防止するとともに、その人権を尊重しつつ適切な処遇を行うよう、構造、設備および管理体制のうえで配慮がなされ、とくにその出入りが一般の来庁者の目に触れない位置に設置するよう定められている。詳細は、刑事収容施設法ならびに「被留置者の留置に関する規則(平成19年国家公安委員会規則第11号)」によって定められている。[石川正興]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

留置施設の関連キーワード海上保安留置施設未決拘禁者拘禁二法案在宅起訴代用監獄大番屋未決監拘留場差入れ勾留手錠豚箱補説拘禁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

留置施設の関連情報