コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物流コスト ぶつりゅうコスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物流コスト
ぶつりゅうコスト

物流はアメリカのマーケティング用語 physical distributionからの翻訳で,生産と消費をつなぐモノの移動をいい,物流コストはそれに要する費用のこと。企業にとって自社の物流システムの効率性を評価するのに,販売高全体に対する総物流費の割合 (物流コスト率) を基準にするのが一般的である。物流コストには製品を工場から消費者に届けるまでの移動費がすべて入るが,具体的には輸送,荷役,保管,包装,情報処理などがある。物流をいかに効率的にするかでその企業の生産性が大きく左右されることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

物流コスト

物流活動に揺する費用を物流コストという。財が生産者から消費者にいたるまでにかかる費用をいう場合と、企業が自社の物流に要している費用はどれだけであるかをいう場合がある。一般に社会的にみた場合、流通全体の費用は消費者価格の50%、物流費用は15%くらいだといわれている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

物流コストの関連キーワードサードパーティー・ロジスティックス民主党の高速無料化公約国際バルク戦略港湾ホールバイイング共同配送センター総合物流施策大綱リショアリングジョイント買い高速道路無料化電源開発流通加工3PL

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物流コストの関連情報