コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理分析 ブツリブンセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理分析
ぶつりぶんせき
physical analysis

物質に特有な物理的あるいは物理化学的な性質を利用して、化学種の鑑定、確認、検出、組成、存在比などを決定するための物理的諸操作または方法をいう。主として機器を用いて行うので、狭義の機器分析ともいうが、補助手段として化学的手法を併用する場合も含めて広く物理分析ということもある。
 歴史的には、1859年のドイツのブンゼンとキルヒホッフによる分光分析法の発明をはじめとし、多くの技術や方法が開発され、とくに1950年ごろから電子技術の発展に伴い、これを高度に利用した分析機器が次々と登場し、いわゆる機器分析の時代になっている。電磁あるいは電気化学的特性を利用する方法が多いが、電子、原子、イオン、放射能、質量、熱その他あらゆる特性が利用されている。一般に、高感度で迅速性があり、試料に化学変化を与えずに分析でき、連続測定や分析操作の自動化が容易なために、化学はもちろん生物、薬学、医学、農学その他あらゆる分野で広く利用されている。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

物理分析の関連キーワード分析化学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理分析の関連情報