コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理分析 ブツリブンセキ

2件 の用語解説(物理分析の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶつり‐ぶんせき【物理分析】

物理的な操作によって物質を分析すること。また、その技術や方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理分析
ぶつりぶんせき
physical analysis

物質に特有な物理的あるいは物理化学的な性質を利用して、化学種の鑑定、確認、検出、組成、存在比などを決定するための物理的諸操作または方法をいう。主として機器を用いて行うので、狭義の機器分析ともいうが、補助手段として化学的手法を併用する場合も含めて広く物理分析ということもある。
 歴史的には、1859年のドイツのブンゼンとキルヒホッフによる分光分析法の発明をはじめとし、多くの技術や方法が開発され、とくに1950年ごろから電子技術の発展に伴い、これを高度に利用した分析機器が次々と登場し、いわゆる機器分析の時代になっている。電磁あるいは電気化学的特性を利用する方法が多いが、電子、原子、イオン、放射能、質量、熱その他あらゆる特性が利用されている。一般に、高感度で迅速性があり、試料に化学変化を与えずに分析でき、連続測定や分析操作の自動化が容易なために、化学はもちろん生物、薬学、医学、農学その他あらゆる分野で広く利用されている。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物理分析の関連キーワード競合他社分析化学分析機器分析推定冶金間接分析生理的落果赤外線加熱放射能標識リグレッション分析

物理分析の関連情報