コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬張(り)子 イヌハリコ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐はりこ【犬張(り)子】

犬をかたどった張り子のおもちゃ。子供の魔よけとして、宮参りの祝い物にもする。→犬箱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

犬張子【いぬはりこ】

犬の立姿にかたどった紙製の置物。小児のそばに置いて魔除(まよけ)とし,関東では宮参りの時親類知人が贈物にする。関西では東犬(あずまいぬ)という。江戸前期までは犬の伏した姿を模した箔置(はくおき)極彩色の容器で,犬箱ともいった。
→関連項目張子細工

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いぬはりこ【犬張子】

犬の形姿を模した紙製の置物。古くは御伽犬(おとぎいぬ),宿直犬(とのいいぬ),犬筥(いぬばこ)ともいった。室町時代以降,公家や武家の間では,出産にあたって産室に御伽犬または犬筥といって筥形の張子の犬を置いて,出産の守りとする風があった。はじめは筥形で中に守札などを入れ,顔も小児に似せたものであった。庶民の間には江戸時代後期に普及したらしく,嫁入道具の一つに加えられ,雛壇にも飾られた。犬張子を産の守りとする風は,犬が多産でお産が軽い動物と信じられ,かつ邪霊や魔をはらう呪力があると信じられたからであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

犬張(り)子の関連キーワード護符白粉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android