コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂えるオルランド くるえるオルランドOrlando furioso

世界大百科事典 第2版の解説

くるえるオルランド【狂えるオルランド Orlando furioso】

イタリアの詩人L.アリオスト作,8行韻詩46歌から成る騎士物語叙事詩(決定版1532刊)。ボイアルド作《恋せるオルランド》のあとを継ぎ,《ローランの歌》の伝承に始まる中世騎士道物語の到達点を示す作品。〈女たち,騎士,戦い,愛を,礼節,勇猛を私は歌う〉という冒頭に,この壮大な叙事詩の主題は示されている。シャルルマーニュ(カール大帝)麾下のキリスト教軍とイスラム軍の戦いを背景に,勇将オルランドの,東国の姫アンジェリカへの実らぬ恋,それゆえの狂乱を軸に,オルランドの失われた理性を取り戻すためイッポグリーフォ(翼の生えた馬)を駆って月へ昇る騎士アストルフォの冒険を配して,エステ家の始祖となる武将ルッジェーロと女戦士ブラダマンテの愛の成就をもって,物語は終わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂えるオルランド
くるえるおるらんど
Orlando furioso

イタリア・ルネサンス期の詩人ルドビーコ・アリオストの騎士道叙事詩。八行韻詩46歌からなる決定版は1532年の刊行。詩人と同じくエステ家に仕えていたM・ボイアルドの未完の作品『恋するオルランド』を受け継いで書かれた。『ロランの歌』の伝承に始まる中世騎士物語の到達点となった作品。「貴婦人、騎士、戦い、愛を、礼節、勇猛を、私は歌う」という第1歌冒頭の2行に、この壮大な叙事詩の主題は示されている。シャルル大帝麾下(きか)のキリスト教徒軍とサラセン軍の戦いを背景に、勇将オルランド(ロラン)の、東国の美貌(びぼう)の姫アンジェリカへの実らぬ恋、それゆえの狂乱を描き、フェッラーラ・エステ家の始祖たる武将ルッジエーロと女戦士ブラダマンテの愛の成就をもって、物語は終わる。物語的かつ詩的な韻律の均整と破調、ときにアイロニック、ときに劇的なトーンのうちに運ばれる筋の転変、織り成す幻想と現実、その独創性と完成度によって、イタリア・ルネサンス文学の精華と目される古典であり、イタリア本国はもとより、ボルテールやヘーゲルが高い評価を与えたことでも知られている。[古賀弘人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の狂えるオルランドの言及

【アリオスト】より

… 1503年には,フェラーラ大公の弟の枢機卿イッポーリト・デステに側近として仕え,重要な外交使節として,マントバ,フィレンツェ,ミラノ,ローマ等へたびたび赴いている。04年から,職務の合間を縫って,未完に終わったM.ボイアルド作の騎士物語詩《恋せるオルランド》のあとを継ぐ大作《狂えるオルランド》(初版1516)の執筆にかかり,また古典形式によるイタリア喜劇の創始とみなされる《箱物語》(1504),《替え玉》(1509)を書き,上演した。17年,枢機卿から新たな任地ハンガリーのブダへの同行を求められたが,アリオストはこの〈命令〉を拒否し,職を辞した。…

【イタリア文学】より

…すでにペトラルカはラテン語による叙事詩《アフリカ》(1338ごろ執筆開始)によってローマで桂冠詩人の栄誉を受け,ボッカッチョはウェルギリウスとスタティウスに範を取って叙事詩《テセイダ》(1340‐41)を著したが,ルネサンス期に入ってまずL.プルチの《モルガンテ》(1483)が発表された。この叙事詩は武勲詩のパロディの一種であり,こうして始められた古典と中世騎士道物語の混交は,M.M.ボイアルドの《恋するオルランド》から,ルネサンス期最大の叙事詩L.アリオストの《狂えるオルランド》(決定版1532)を経て,バロック期最大の叙事詩T.タッソの《解放されたエルサレム》(1565‐75)に受け継がれ,最後にG.マリーノの《アドーネ》(1590‐1616)のあまりにも音楽的な語法の作品に達した。 ここで,15世紀から17世紀にかけてイタリア文学の背骨を成した長編叙事詩の作者たちが,フィレンツェやフェラーラなど,各地の専制君主の宮廷詩人であった事実を思い返しておく必要があるだろう。…

※「狂えるオルランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂えるオルランドの関連キーワードアッティリオ モミリアーノルネサンス史(年表)狂乱のオルランドシュピッテラーイタリア文学モミリアーノペトラッシスタンザ妖精

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android