コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狗留孫山 くるそんざん

2件 の用語解説(狗留孫山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くるそんざん【狗留孫山】

山口県西部,豊浦郡豊北町と豊田町の境界にある山。標高616m。御(お)岳ともいい,南東方の華(げ)山(713m)とともに豊田県立自然公園の一部で,国の名勝に指定されている。頂上を弥山(みせん)と呼び,古くから霊山として信仰の対象となっていた。樹林がうっそうと茂る南側の中腹に十一面観音を本尊とする真言宗の名刹(めいさつ)修禅寺があり,夏は渓流にカジカの声を聞き,秋は紅葉が美しい。山頂は本州最西端の展望台として,西方は響灘から玄界灘を眼下に,南方に遠く九州の連山が眺望できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狗留孫山
くるそんざん

山口県西部、下関市の豊浦町、豊北(ほうほく)町、豊田町の3地区にまたがる山。標高616メートル。御岳(おだけ)ともいう。海上からもよく望まれ、山頂からは響灘(ひびきなだ)、玄界灘、九州の連山も眺望でき、豊田県立自然公園の一部をなす。国の名勝にも指定される。南中腹には807年(大同2)開創の名刹(めいさつ)修禅寺(しゅぜんじ)があり、付近一帯は、広く純林状をなすアカガシ群落で知られる。また、南麓(なんろく)を中国自然歩道が通る。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狗留孫山の関連キーワード境界蛭ヶ岳下関角島大橋美祢境界確定訴訟境界杭=境界石額田部広麻呂明寿阿鼓櫻

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone