コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊北 ほうほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊北
ほうほく

山口県西部,下関市北部の旧町域。響灘に臨み,角島を含む。 1955年田耕村,滝部村,神玉村,神田村,角島村,阿川村,粟野村の7村と宇賀村の一部が合体して町制。 2005年下関市,菊川町,豊田町,豊浦町の1市3町と合体して下関市となった。中心集落の滝部は江戸時代に起源をもつ農漁村労働力の斡旋市としての奉公市があった。沿岸漁業が行なわれるほか肥沃な平野部で米,ミカン栽培などを行なう。国指定史跡の土井ヶ浜遺跡,国の天然記念物の壁島のウ渡来地,恩徳寺の結びイブキがある。北部沿岸一帯は西長門海岸県立自然公園に,南部は豊田県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうほく【豊北】

山口県北西端、下関市の地名。日本海に面し、海士ヶ瀬戸を隔てて角島がある。土井ヶ浜遺跡から二百体以上の弥生人骨を出土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊北
ほうほく

山口県北西部、豊浦(とようら)郡にあった旧町名(豊北町(ちょう))。現在は下関市の北西部を占める地域。南に名勝狗留孫(くるそん)山(616メートル)がそびえるが、大部分は丘陵地で、日本海に臨む北岸、西岸が入り江の多い沈水海岸となり、海士(あま)ヶ瀬戸を隔てて玄武岩台地の角(つの)島が浮かぶ。旧豊北町は、1955年(昭和30)滝部(たきべ)、田耕(たすき)、神玉(かみたま)、神田(かんだ)、角島、阿川(あがわ)、粟野(あわの)の7村と宇賀(うか)村の一部が合併して成立。2005年(平成17)下関市と合併。JR山陰本線と国道191号、435号が通じる。沿岸には粟野、阿川、島戸浦(しまどうら)、肥中(ひじゅう)、特牛(こっとい)、角島、矢玉(やたま)など小漁村が分布し、刺網や一本釣りが盛ん。内陸の丘陵地の間には滝部、田耕、北宇賀の小農村が散在し、養牛、養鶏農家が多い。土井ヶ浜(どいがはま)遺跡(国の史跡)からは弥生(やよい)時代の人骨240体余を出土した。壁(かべ)島のウ渡来地、恩徳寺の結びイブキは国指定天然記念物。角島と本土側の海岸は北長門(きたながと)海岸国定公園となっている。[三浦 肇]
『『豊北町史』(1972・豊北町) ▽『豊北町史2』(1994・豊北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊北の関連キーワード土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム山口県下関市豊北町滝部中本たか子文學資料館つのしま自然館佐々木 安五郎山口県下関市山口(県)中山忠光墓下関(市)藤田 隆治金関丈夫狗留孫山角島大橋豊田町豊浦町日本海長府藩油谷湾阿鼓櫻地名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊北の関連情報