コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立軍抗争 どくりつぐんこうそう

1件 の用語解説(独立軍抗争の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつぐんこうそう【独立軍抗争】

三・一独立運動(1919)以後,朝鮮国内での非暴力闘争の失敗の教訓に学び,武装闘争路線に再編して,国境を接する中国東北地方にまたがって展開された朝鮮独立運動。とりわけ中国東北地方は旧韓末の義兵闘争の志士が活動を継続しており,シベリア干渉戦争の影響もあって,抗日独立軍は短時日のうちに武装力をいちじるしく強化することができた。独立軍は朝・中国境地帯に一大軍団を形成し,1920年になると長大な国境線は独立軍の散兵線となり,朝鮮総督府はその侵襲,テロにおびえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

独立軍抗争の関連キーワード許憲金九宋鎮禹朝鮮総督府万歳事件三・一独立運動3・1独立運動安在鴻姜徳相崔麟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone