コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼林山脈 ろうりんさんみゃく

百科事典マイペディアの解説

狼林山脈【ろうりんさんみゃく】

朝鮮民主主義人民共和国北部中央を南北に走る山脈。南部の太白山脈とともに朝鮮半島脊梁をなす。蓋馬(かいま)高原の西縁に当たり,慈江・両江・咸鏡南の3道の境界を走り,永興湾に没する。
→関連項目咸鏡南道慈江道大同江禿魯江

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうりんさんみゃく【狼林山脈 (R)Nangnim‐sanmaek】

朝鮮半島北部の山脈。鴨緑江中流の南岸から発し,元山西方において楸哥嶺(しゆうかれい)地溝帯によって画されるまでほぼ南北に展開しており,南部の太白山脈とともに朝鮮半島の脊梁をなす。平均高度1000mだが,稀塞峰,小白山など2000mを超す高峻な峰々と深い渓谷が連なり,東西交通の大きな障害となっている。北部では江南山地と蓋馬(かいま)高原の境をなし,また南西方向へ狄踰嶺(てきゆれい),妙香,彦真,馬息嶺などの山脈が分岐している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狼林山脈
ろうりんさんみゃく

ランリム(狼林)山脈」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狼林山脈
ろうりんさんみゃく / ランニムサンメェク

北朝鮮の西北地方東部から南南東方向へ走っている山脈。主峰狼林山(2014メートル)をはじめ小白山(2184メートル)、牙得嶺(がとくれい)(1479メートル)、馬息(ばそく)嶺(788メートル)がそびえている。地質は、狼林層群と、始生代貫入岩類と中生代貫入岩類の端川岩からなっている。新生代第三紀中新世から非対称的な穹窿(きゅうりゅう)状の隆起作用が進み、数百メートル隆起した。緩慢な準平原は開析作用を受け、侵食山地になっているが、その影響が少なかった山頂部には過去の準平原が残っている。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

狼林山脈の関連キーワードピョンアンナム(平安南)道ハムギョンナム(咸鏡南)道朝鮮民主主義人民共和国チャンジン(長津)江ナンリムサムミャクチャガン(慈江)道トンロ(禿魯)江テドン(大同)江ケマ(蓋馬)高原カンゲ(江界)市蓋馬高原平安道準平原妙香山長津江穹窿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android