コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太白山脈(読み)タイハクサンミャク

デジタル大辞泉の解説

たいはく‐さんみゃく【太白山脈】

テベクさんみゃく
金史良の長編歴史小説。昭和18年(1943)「国民文学」誌に発表した日本語作品。
金達寿長編小説未完。昭和44年(1969)刊。昭和29年(1954)刊行の「玄界灘」の続編にあたり、日本の植民支配から解放されたソウルを舞台に、信託統治反対運動に関わる人々を描く。

テベク‐さんみゃく【太白山脈】

朝鮮半島の東部南北に連なる山脈。金剛山雪岳山五台山太白山などが並ぶ。たいはく山脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太白山脈【たいはくさんみゃく】

朝鮮の東海岸沿いに南北に走る脊梁(せきりょう)山脈。元山の南の黄竜山から南下し,釜山付近に至り,全長約600km。山脈中には金剛山(1638m),雪岳山(1708m),五台山(1563m),太白山(1561m)などがあり,平均標高1000m。東側は急斜面で日本海に向かい,西側はゆるやかな高原状を呈する。漢江・錦江・洛東江が発源。支脈に小白山脈,広州山脈,車嶺山脈などがあり,小白山脈は湖南地方(全羅道)と嶺南地方(慶尚道)の境をなす。山脈には無煙炭,タングステンなどの地下資源が豊富。
→関連項目漢江慶尚北道江原道太白朝鮮東海洛東江狼林山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいはくさんみゃく【太白山脈 T‘aebaek‐sanmaek】

北部の狼林山脈とともに朝鮮半島の脊梁をなす山脈。東朝鮮湾の元山の南に発し,日本海沿いにまっすぐ南下して釜山市の多大浦に達する。長さは約600km。基盤が古期の花コウ片麻岩類から成り,山脈全体が白く見えるところから命名されたと思われる。ところどころにみられる花コウ岩層が激しい浸食作用を受け,複雑な山容をあらわしている。山脈の南端にある主峰太白山(1546m)は,湖南地方(全羅道)と嶺南地方(慶尚道)を分かつ小白山脈との分岐点をなすが,東麓一帯には無煙炭が豊富に埋蔵され,石灰石森林資源などとともに〈太白山地域総合開発計画〉のもとに開発がすすめられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいはくさんみゃく【太白山脈】

テベクさんみゃく【太白山脈】

朝鮮半島の東岸を日本海沿岸に沿って南北に走る山脈。金剛山クムガンサン・五台山オデサン・太白山などがある。長さ約600キロメートル。たいはく山脈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太白山脈
たいはくさんみゃく / テペクサンミェク

朝鮮半島のほぼ中央の半島の東海岸(日本海側)沿いに南北に走る脊梁(せきりょう)山脈。500キロメートルに及び朝鮮一の長い山脈。東斜面は急峻(きゅうしゅん)で海に迫り、西斜面は緩く広い嶺西(れいせい)高原を展開している、非対称傾動山地である。山体は花崗(かこう)岩と花崗片麻(へんま)岩が基盤岩となっている。太白山脈中には北から南へ、世界的な名山、金剛山(1638メートル)をはじめ雪岳山(1708メートル)、五台山(1563メートル)、太白山(1561メートル)が並び、南下するにしたがって低い残丘を残している。これらの山地には六百山頂のような高位平坦(へいたん)面を残している。山脈の東斜面を嶺東地方、西斜面を嶺西地方とよんでいるが、山脈の鞍部(あんぶ)である鉄嶺(685メートル)、大関嶺(865メートル)などは、交通路が発達していない時代は東西間の重要な交通路であった。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android