コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉滴石 たまだれいしhyalite

翻訳|hyalite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉滴石
たまだれいし
hyalite

「ぎょくてきせき」ともいう。オパールのなかで,ぶどう状や岩の表面に皮状に付着して産するもの。蛋白状の光沢がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょくてき‐せき【玉滴石】

オパール(蛋白石)の一種。強い輝きをもつ無色透明の含水石英で、球状やぶどう状をなして産出。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくてきせき【玉滴石】

オパールの一種。岩石の表面をおおう皮殻状、あるいは滴状・葡萄ぶどう状をなして産する無色または白色透明の鉱物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉滴石
ぎょくてきせき
hyalite

ガラスのような透明なオパールの一種。ぶどう状、球状、鍾乳(しょうにゅう)状をなして産する。しばしば薄い青、緑、黄色を帯びていることがあるが、普通は乳白色ないし無色透明。紫外線ランプの照射によって、黄色~黄緑色の蛍光を発することがある。普通のオパールに比較して水分の含有が少ないので、屈折率がやや高い。火山岩のすきまや花崗(かこう)岩ペグマタイト、火山噴気孔などに産する。外観がガラスに似ているので、英名はその意味のギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玉滴石の関連キーワード岩石

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android