コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉虫文一 たまむしぶんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉虫文一
たまむしぶんいち

[生]1898.10.18. 仙台
[没]1982.7.26. 群馬
化学者。東京帝国大学化学科を卒業 (1922) ,理化学研究所の片山研究室に入り界面化学を研究。武蔵高校 (24~48) ,東京大学教養学部教授 (49~59) 。東京女子大学教授 (59~62) 。第2次世界大戦前より岩波書店の化学関係の編集顧問となり,雑誌『科学』や『理化学辞典』『科学の事典』などの編集に尽力し,自然科学の普及に貢献した。戦後は新制大学における一般教育ならびに科学史教育の確立に力を尽し,著書に『大学における一般教育』などがある。コロイド化学に関する業績に対して 1975年ドイツより W.オストワルト賞を与えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉虫文一 たまむし-ぶんいち

1898-1982 大正-昭和時代の物理化学者。
明治31年10月18日生まれ。理化学研究所で界面化学を研究。武蔵高教授をへて,昭和11年根津化学研究所所長,24年東大教授となる。50年ウォルフガング-オストワルト賞を受賞。昭和57年7月26日死去。83歳。宮城県出身。東京帝大卒。著作に「科学・教育・随想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉虫文一の関連キーワードビクトル・マイヤー法ネスラー試薬金属指示薬昭和時代指示薬ペラン