コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

界面化学 かいめんかがく surface chemistry

6件 の用語解説(界面化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

界面化学
かいめんかがく
surface chemistry

界面の物理や化学現象を研究する学問。コロイド化学の基礎をなすものとして発展したが,吸着や半導体,物質の表面物性などの研究が盛んになり,現在では独自の学問分野と考えられている。物質の異相が接する界面層はバルク (内部) 層と異なる原子やイオンの結合をしているので,バルク層と非常に異なった性質を示す場合が多く,興味の対象となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいめん‐かがく〔‐クワガク〕【界面化学】

物質の二つの相の境界面で起こる、界面張力・吸着・発泡・拡散などの現象を研究する化学の一分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

界面化学【かいめんかがく】

一般に不均一系における異なる相の間の境界面付近では,それぞれの物質内部とは異なった物理的・化学的現象が認められる。このような界面付近における物質の状態・変化などを対象とする化学の一分野を界面化学といい,表面張力,吸着,界面電気現象触媒作用など種々の問題が扱われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいめんかがく【界面化学 surface chemistry】

気体‐液体,気体‐固体,液体‐液体,液体‐固体,固体‐固体など,物質の界面に特有な構造,性質,またそこで起こる種々の物理化学的現象を扱う化学の一分野。液体や固体の表面(空気との界面)では,それらの物質の内部とは異なる特別の性質がみられる。たとえば液体の表面では,表面の分子は内部の分子による吸引力をうけるので,表面はできるだけ収縮しようとする傾向をもち,表面張力はこの性質を表している。溶液の表面では溶質の濃度は一般に内部とは異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいめんかがく【界面化学】

界面に生ずる現象を扱う物理化学の一部門。吸着や触媒の作用、膜電位・電気泳動などの界面電気現象をはじめ、洗浄・接着・染色などの実用面にも及ぶ。微粒子が分散した状態であるコロイドの性質は、界面現象と密接に関連している。表面科学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

界面化学
かいめんかがく
surface chemistry

界面で生じる現象を物理化学的に体系づけた化学の一分野。界面とは性質の異なる二つの相が相接したときにできる境界面である。たとえば空気と大理石との境界面、あるいは水と油の境界面はいずれも界面である。界面を構成する相の状態に着目すると、界面は次の5種類となる。(1)気体と液体、(2)気体と固体、(3)液体と液体、(4)液体と固体、(5)固体と固体。
 ここで(1)と(2)のように界面を構成する相の一つが気体の場合には、それを表面とよぶ。界面はそれ自身その面積を小さくしようとする傾向があり、この傾向が大きいときには表面(または界面)張力が大きく、小さいときには表面(または界面)張力が小さいという。[早野茂夫]

吸着と界面活性

気体または液体の内部で一様な濃度で存在している物質が、界面により多く集まる現象を吸着という。吸着は化学的な原因からも、物理的な原因からもおきる。界面活性剤を水に溶かすと、水中にある程度溶けるが、水の表面により多く吸着し、水の表面張力を大幅に低下させる。このような性質を界面活性が強いという。
 触媒の性質や機能を取り扱う触媒化学や、電子回路の素子として重要な、半導体の中の電子の流れを取り扱うエレクトロニクス、あるいは太陽エネルギーや化学エネルギーを、電気エネルギーに変換させるものである電池に関して、電極と溶液の界面を横切る電子の流れを取り扱う電気化学も、広い意味では界面に関する学問である。近年、固体表面を測定する技術が飛躍的に進歩し、界面化学の比重がしだいに大きくなっている。[早野茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

界面化学の関連キーワード液体推進剤気体接触角フェルミ液体界面混合熱液浸ガス液体クロマトグラフィー濡壁塔物質移動

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

界面化学の関連情報