コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王実甫 おうじっぽ Wang Shi-fu

2件 の用語解説(王実甫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王実甫
おうじっぽ
Wang Shi-fu

中国,元の劇作家。大都 (北京) の人。本名,徳信。通常,字の実甫で呼ばれる。伝記はほとんど不明だが,13世紀から 14世紀にかけて劇作家として活躍し,特に唐の伝奇小説,元じんの『鶯鶯伝』を題材とする北曲屈指の名作『西廂記 (せいそうき) 』の作者として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王実甫
おうじっぽ

生没年不詳。中国、元(げん)代の戯曲作家。名は徳信(とくしん)。詳しい経歴はわからないが、13世紀後半、元雑劇(げんざつげき)が初め北方で隆盛を迎えた時期に、関漢卿(かんかんけい)、馬致遠(ばちえん)らと並んで大都(だいと)(北京(ペキン))で活躍した。十数種の作品が知られるが、なによりもまず「天下第一」の評をかちえた名作『西廂記(せいそうき)』の作者として声名が高く、元曲(げんきょく)の代表作家の一人にあげられる。口語に雅言をほどよく交えた風韻豊かな曲詞は「花間の美人」に例えられ、『西廂記』中の佳句は人々の好んで口ずさむところとなっている。[傳田 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王実甫の言及

【西廂記】より

…中国,元代の戯曲。作者は王実甫。元の雑劇としては破格の,5編分より成る長編作,21幕(折)。…

【中国文学】より

…中国の演劇はもともと喜劇から出発したものらしいが,元曲には悲劇として終結するものはまったくない。戯曲作家として傑出したのは関漢卿(かんかんけい)と王実甫の2人で,ともに14世紀初めに死んだ。関漢卿は多数の作品を公にし,舞台の経験のあった人と思われ,王実甫の名は《西廂記(せいしようき)》によって不朽である。…

※「王実甫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王実甫の関連キーワード南陀伽紫蘭夏衍関漢卿洪昇孔尚任ドリンクウォーターアダンドラアル劇作家小崎政房蔣士銓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone