王戎(読み)おうじゅう(英語表記)Wang Rong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王戎
おうじゅう
Wang Rong

[生]青竜2(234)
[没]永興2(305)
中国,西晋の高級官吏。竹林の七賢の一人。琅邪 (山東省) の人。字は濬沖。官吏としてはあえてその職分を尽そうともしなかった。廉潔な一面をもつが,利殖にたけて莫大な財産を積み,金銭に関しては親子,親戚の情愛も感じない人物であったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐じゅう〔ワウ‐〕【王戎】

[234~305]中国、晋代の隠士。琅邪臨沂(ろうやりんき)(山東省)の人。字(あざな)は濬沖(しゅんちゅう)。竹林の七賢の一人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうじゅう【王戎】

234~305) 中国、西晋の政治家。竹林の七賢の一人。字あざなは濬沖しゆんちゆう。呉との戦いに活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐じゅう ワウ‥【王戎】

中国、晉の人。字(あざな)は濬沖(えいちゅう)。山東臨沂の人。竹林七賢の一人で、阮籍(げんせき)と交遊し、竹林の遊びと清談を好んだ。(二三四‐三〇五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の王戎の言及

【七賢人】より

…ローマ帝国時代には,個々の賢人や七賢人全員の肖像をモザイクや壁画に描くことが流行した。【藤縄 謙三】(2)中国,三国の末期,放達の行為で知られた7人の自由人,すなわち阮籍(げんせき),嵆康(けいこう),山濤(さんとう),王戎(おうじゆう),向秀(しようしゆう),阮咸(げんかん),劉伶(りゆうれい)。一般に〈竹林の七賢〉とよばれるのは,嵆康の郷里の山陽(江蘇省淮安県)の竹林にあつまって酒をくみかわし,談論にふけったからである。…

【水車】より

…後漢からは,31年(建武7)南陽太守に移った杜詩が手押しのふいごをやめ水力ふいごを作って冶金の効果をあげたといわれるなど,水車使用の記録が多く見られる。その後,晋の王戎の水碓は天下にあまねく,石崇の死後には30余区の水碓があったといわれるほか,晋から唐時代の荘園に付設された水碓・水磑と,一般の農田との間に水争いがおこっていることから,水車の使用の普及がうかがえる。これらの水車は揚水のほか,脱穀,製粉等穀類の各種の調整に使用されたが,史料的にその構造ははっきりしない。…

※「王戎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android