コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

班田使 はんでんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

班田使
はんでんし

律令時代,班田授口帳に基づいて畿内の班田を行うために任命された官人。畿内以外の諸国の班田は国司が行なった。天平1 (729) ~承知 11 (844) 年に8回任命されたことが知られている。班田の実施後,田図帳 (→図帳 ) を作成して民部省に報告した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はんでんし【班田使】

律令制で、特に畿内諸国の班田を行うために派遣された官人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

班田使の関連キーワード平安時代(年表)嶋田宮成大伴三中橘諸兄源舒校田

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android