図帳(読み)ずちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図帳
ずちょう

古代,班田収授施行などのため,民部省に備付けられた全国の田籍と田図。『民部省図帳』ともいう。天平 14 (742) 年,天平勝宝7 (755) 年,宝亀4 (773) 年,延暦5 (786) 年,弘仁 11 (820) 年の田籍は永久保存とし,他は班田のたびに破棄された。荘園国衙の争論にはこの図帳が参照され,鎌倉時代頃まで保存された。 (→班田収授法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ずちょう【図帳】

律令制で、班田終了ごとに作成された国郡の土地台帳。田図と田籍とがある。国司の役所にも備えられたが、特に民部省に保管されたものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図帳の関連情報