コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴海[町] きんかい

百科事典マイペディアの解説

琴海[町]【きんかい】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,西彼杵半島東部の旧町。古名琴海(ことのうみ)といった大村湾に臨み,真珠養殖,ナマコ・エビ漁を行う。ミカン栽培が盛んで,メロン,イチゴ,花卉(かき)も産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんかい【琴海[町]】

長崎県中部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。1969年町制。人口1万1804(1995)。大村湾に面し,西彼杵半島の基部に位置する。町の西部には飯盛山系の丘陵が連なり,急傾斜した東斜面を刻んで大小の河川が大村湾に注いでいる。全町が起伏のある丘陵地帯にあり,棚田や段々畑が多く,平地は狭小である。人口は1955年以降減少を続けたが,南部地区に住宅団地ができた72年ころから増加傾向に転じている。主産業は農業で,ミカンを主体とする複合経営が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android