コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘利山 あまりやま

1件 の用語解説(甘利山の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘利山
あまりやま

山梨県韮崎(にらさき)市にある山。標高1731メートル。赤石山脈(南アルプス)の前衛山地の一つで、巨摩(こま)山地の北部に位置する。山腹の椹(さわら)池は特異な高層湿原として知られたが、現在はキャンプ場やスケート場に利用されている。山中のレンゲツツジ、スズランの群落は有名。山頂付近は山野草も豊富である。甲府盆地の展望台としても優れている。市営ロッジなどもあり、林道も開通しているので、ハイカーも多い。JR韮崎駅から甘利山入口までバスの便がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の甘利山の言及

【韮崎[市]】より

…鳳凰山,甲斐駒ヶ岳,奥秩父の金峰(きんぷ)山の登山口で,青木,御座石などの鉱泉がある。市域にもツツジの名所甘利(あまり)山(1672m)がある。【横田 忠夫】
[韮崎宿]
 戦国末期,韮崎には武田勝頼の新府城があった。…

※「甘利山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甘利山の関連情報