コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中好子 たなかよしこ

3件 の用語解説(田中好子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

田中好子

1956年4月8日生まれ、東京都足立区出身の女優。親交のあった女優、夏目雅子の実兄である実業家の小達一雄と結婚しており、本名は小達好子。旧姓の田中を芸名として使用していた。いつもユーモアを忘れずにこにこと優しく微笑む姿は多くのファンを生み、その温かい心配りから共演者を始めとする周囲の人々にも愛された。
69年に東京音楽学院に入学。スクールメイツのメンバーを経て、72年にNHK「歌謡グランドショー」のマスコットガールとして伊藤蘭、藤村美樹とともに「キャンディーズ」と命名され活動開始。翌年9月「あなたに夢中」でレコードデビュー。好子の「好」が「す(き)」と読む字であることから「スーちゃん」という愛称で親しまれた。その後、オリコンチャートベスト10入りをした「年下の男の子」を始め、多くのヒット曲を飛ばす一方で、「8時だョ!全員集合」などのバラエティー番組ではコメディアンらとともにコントにも多々出演し、アイドルとして一世を風靡(ふうび)していた。しかし、78年、「普通の女の子に戻りたい」の名文句とともにキャンディーズは解散し、芸能界を一時引退した。
80年、芸能界に復帰。数々のテレビドラマや映画に出演し、徐々に女優としての頭角を現していく。89年には井伏鱒二の小説を原作に原爆症を描いた映画「黒い雨」に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞等数々の賞に輝き、演技派女優として高い評価を受けた。
91年に結婚し、その翌年に乳がんが見つかったが、親族以外には公表せずに治療を受けながら女優業を続けた。またその傍らで、厚生労働省公衆衛生審議会委員やエイズ予防財団日本エイズストップ基金運営委員、国立国際医療センター顧問なども務めた。
2011年、がんが他臓器にも転移し、4月21日に逝去。享年55歳。元キャンディーズの仲間2人にも闘病の事実が明かされたのは3年前のことだったという。2000人以上が参列した葬儀後には、本人の肉声での録音テープが流された。1カ月余り前に起こった東日本大震災に触れた「天国で、被災された方のお役に立ちたい」という言葉に、さらに涙した人も多い。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

田中好子【たなかよしこ】

歌手・女優。東京都生れ。本名小達(おだて)好子で,田中は旧姓。夫は夏目雅子の実兄である小達一雄。東京成徳短期大学を卒業し,渡辺プロダクション会長が設立した東京音楽学院で学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中好子 たなか-よしこ

1956-2011 昭和後期-平成時代の歌手,女優。
昭和31年4月8日生まれ。昭和47年伊藤蘭,藤村美樹と3人組アイドルグループ「キャンディーズ」を結成,「年下の男の子」「春一番」などがヒット。53年「普通の女の子に戻りたい」のセリフを残して解散,引退する。55年復帰後は,平成元年公開の今村昌平監督「黒い雨」で毎日映画コンクール女優主演賞,ブルーリボン賞主演女優賞,日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などを,ドラマ「秋の駅」では平成5年放送文化基金演技賞を受賞するなど,演技派女優として活躍。平成23年4月21日死去。55歳。東京都出身。出演作品はほかにドラマ「ちゅらさん」「華岡青洲の妻」「てのひらのメモ」,映画「土佐の一本釣り」「明日への遺言」,舞台「佐渡島他吉の生涯」など。本名は小達好子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中好子の関連キーワードトヨエースSKB児童文学賞北方領土問題日ロ平和条約交渉迷路オリンピックカーダールケッコネンシニャフスキーメルボルン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中好子の関連情報