コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中耕造 たなか こうぞう

1件 の用語解説(田中耕造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中耕造 たなか-こうぞう

1851-1883 明治時代の官吏。
嘉永(かえい)4年6月28日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)でまなび,のち中江兆民(ちょうみん)らにフランス語をならう。司法省などをへて警視庁にはいり,明治12年川路利良(かわじ-としよし)に随行,フランスの警察制度を視察。14年退職し嚶鳴社,ついで自由党に加入。兆民の「政理叢談」にヨーロッパ近代思想を翻訳・紹介した。明治16年11月7日死去。33歳。江戸出身。名は信雅。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中耕造の関連キーワードアルマン条約電気事業リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン伊沢修二

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中耕造の関連情報