コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中耕造 たなか こうぞう

1件 の用語解説(田中耕造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中耕造 たなか-こうぞう

1851-1883 明治時代の官吏。
嘉永(かえい)4年6月28日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)でまなび,のち中江兆民(ちょうみん)らにフランス語をならう。司法省などをへて警視庁にはいり,明治12年川路利良(かわじ-としよし)に随行,フランスの警察制度を視察。14年退職し嚶鳴社,ついで自由党に加入。兆民の「政理叢談」にヨーロッパ近代思想を翻訳・紹介した。明治16年11月7日死去。33歳。江戸出身。名は信雅。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中耕造の関連キーワード荒木周道岩男三郎酒井安次郎藤森図高二橋謙松田宗寿丸山英一郎水野遵森遷横川蒲汀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone