コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺太一 たなべたいち

3件 の用語解説(田辺太一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田辺太一
たなべたいち

[生]天保2(1831).江戸
[没]1915.9.16. 東京
幕末~明治初期の外交官。儒学者田辺石庵の次男。昌平黌に学び,甲府徽典館教授を経て,元治1 (1864) 年第2次遣欧使節に随行。外国奉行支配組頭となり,さらに慶応年間 (65~68) ,遣仏使節に随行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺太一 たなべ-たいち

1831-1915 幕末-明治時代の武士,外交官。
天保(てんぽう)2年9月16日生まれ。田辺石庵の次男。幕臣。甲府徽典館(きてんかん)教授をへて外国方に属し,2度訪欧。維新後外務少丞(しょうじょう)となり,明治4年岩倉遣外使節に随行。のち清(しん)国(中国)臨時代理公使。大正4年9月16日死去。85歳。初名は定輔。号は蓮舟。著作に「幕末外交談」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田辺太一

没年:大正4.9.16(1915)
生年:天保2.9.16(1831.10.21)
幕末明治期の外交官僚。幕臣田辺石庵の子に生まれ,昌平黌の学問吟味に甲科及第,甲府徽典館教授を経て安政6(1859)年外国方,外国奉行調役を経て文久3(1863)年同組頭に進み,横浜鎖港使節池田長発に従ってパリに赴く。鎖港交渉は失敗,使節一行は開国を具申しようと帰国,これが幕府に咎められ,免職・差控に処せられた。慶応2(1866)年組頭に再任。翌3年1月パリ博覧会使節徳川昭武,駐仏全権公使向山黄村に随従して当地に赴き,フランス政府と折衝の任に当たった。帰国後,明治1(1868)年3月目付,徳川宗家の静岡移住に従い沼津兵学校教授。同3年1月外務少丞として新政府に登用され,翌年岩倉遣外使節団の一員として米欧に渡る。7年大久保利通に従って北京に出張,清国政府と台湾出兵の処理交渉に当たる。同12年清国勤務,同16年元老院議官,同23年貴族院議員。詩文に親しみ,同31年『幕末外交談』を公刊。幕府の側から著した幕末史として,福地源一郎(桜痴)の『幕府衰亡論』と並ぶ名著である。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田辺太一の関連キーワード外交官京都府京田辺市田辺石塚井関盛艮倉知鉄吉児島正一郎武内竜次田辺石庵中島雄陸奥広吉《一外交官の見た明治維新》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田辺太一の関連情報