コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田鎖綱紀 タクサリコウキ

4件 の用語解説(田鎖綱紀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たくさり‐こうき〔‐カウキ〕【田鎖綱紀】

[1854~1938]日本語速記術の創始者。陸奥の人。欧米の速記術を研究して日本語速記法を考案、明治15年(1882)に「日本傍聴筆記法」を発表した。他の著作に「新式速記術」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田鎖綱紀 たくさり-こうき

1854-1938 明治時代の速記者。
嘉永(かえい)7年8月15日生まれ。大学南校で鉱山学をまなぶかたわら,グラハム式の英語速記法をもとに日本語速記法を考案。明治15年「日本傍聴筆記法」を発表し,速記普及につとめた。昭和13年5月3日死去。85歳。陸奥(むつ)盛岡出身。幼名は八十吉。筆名は楳の家元園子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田鎖綱紀

没年:昭和13.5.3(1938)
生年:安政1.8.15(1854.10.6)
日本語速記術の創始者。盛岡の人。大学南校(東大)在学中偶然目にした欧米の速記記号に興味を抱いて研究を始め,明治15(1882)年秋,日本語速記法の発明を宣言,講習を始めた。弟子たちは帝国議会発足と同時に貴族院,衆議院の速記者として活躍したが,自らは仕官を好まず,もっぱら速記普及の全国行脚に努めた。速記術発明の功で,明治27年藍綬褒章,同29年300円の終身年金を下賜された。終生,速記記号を日本文字にとの願いを失わなかった。死後,「日本文字始而造候居士」と自ら用意して書かれた戒名が発見された。<参考文献>福岡隆『日本速記事始』

(竹島茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たくさりこうき【田鎖綱紀】

1854~1938) 日本語速記術の創始者。陸奥むつの生まれ。欧米の速記術を研究、1882年(明治15)「日本傍聴筆記法」として発表。以後終生、速記の普及に尽くした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田鎖綱紀の言及

【速記】より


[日本]
 〈草仮名〉や〈片仮名〉なども速記方式的であったが,西洋式の速記は明治維新後,欧米文化の一つとして紹介されたのに始まる。そのなかで盛岡の人,田鎖綱紀(たくさりこうき)(1854‐1938)は,ピットマン系のグレアムGraham式速記を翻案し,1882年(明治15)10月28日(この日が速記記念日となった),東京に日本傍聴筆記法講習会を開いた。その修了生に若林玵蔵(かんぞう)(1857‐1938),林茂淳(1862‐1942)らがおり,若林が《郵便報知》の《自由新聞》に対する談判を速記した(1883年7月9日)のが実用化の最初である。…

※「田鎖綱紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田鎖綱紀の関連キーワード中川蘆月大学南校速記術速記録速記記号創始者北斗の人創始者の原理今村次郎佃与次郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田鎖綱紀の関連情報