傍聴(読み)ぼうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傍聴
ぼうちょう

議会の審議や裁判所の審理などについて,直接の関係者以外にも第三者がその模様を直接見聞きすること。議会の場合,会議公開の原則に基づき,国民は所定の手続により会議を自由にすることができる。ただ,秘密会の場合には傍聴は認められない。 (→公開裁判 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ちょう〔バウチヤウ〕【傍聴】

[名](スル)会議・討論・公判などを、許可を受けて、そのかたわらで静かに聞くこと。「議会を傍聴する」「傍聴席」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうちょう【傍聴】

( 名 ) スル
話や演説などを、そばで聞くこと。 「演説を-する」
特に会議や公判などを、当事者以外の者が発言権なしに席場内で聞くこと。 「会議を-する」 「 -席」 「 -券」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐ぎき【傍聴】

〘名〙 そばで聞くこと。傍聴(ぼうちょう)すること。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「お梅も八代も、側聴(カタギキ)せし老女(おうな)さへ、その英才と明弁を、歎賞するのみ」

ぼう‐ちょう バウチャウ【傍聴】

〘名〙
① (━する) 話や演説などを、その傍(かたわら)で聞くこと。ほうてい。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉二「数妓侍坐、傍聴而倦」
② (━する) 特に討論、会議、裁判などを、当事者以外の者が発言権なしに席場内で聞くこと。
※朝野新聞‐明治八年(1875)六月二八日「廿日の開議新聞記者の傍聴を許されざりしを以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の傍聴の言及

【裁判所】より

公開裁判)。裁判の公開は実際面では,公衆が,訴訟手続の進行と判決の言渡しを傍聴できるということ,および訴訟記録を公衆が閲覧できるということを意味する。したがって裁判を傍聴したい者はとくに裁判所の許可を得たり,料金を払ったりすることなく,自由に傍聴できる。…

※「傍聴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傍聴の関連情報