コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲州枡 コウシュウマス

3件 の用語解説(甲州枡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしゅう‐ます〔カフシウ‐〕【甲州×枡】

江戸時代、甲斐国で使用された枡。容積は京枡の約3倍。武田氏以来の枡という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅうます【甲州枡】

近世を通して甲斐国で都留郡を除く山梨,八代,巨摩の3郡で用いられた枡。京枡に対し国枡ともよばれたが,容量は方7.5寸(約22.7cm),深さ3.45744寸(約10.5cm)で京枡3升(約5.41l)にあたったので三升枡の呼称もある。これを基本にその4分の1の〈はたご〉,またその半分の〈なから(半)〉,さらにその半分の〈小なから〉があった。製作は戦国武田氏以来の免許の由緒をもつ甲府工町の枡屋が営んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゅうます【甲州枡】

江戸時代を通じて甲州で用いられた枡。容積は京枡の約三倍。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の甲州枡の言及

【升∥枡】より

…しかし諸大藩では,京枡と同規格の枡を自藩で製造し,また家臣への扶持米(ふちまい)支給のための扶持枡,城下町商人の商業枡など,藩独自の異量の枡を製造使用した例も少なくない。また幕府の直領である甲斐国の大部分の地方では,武田信玄の遺制と称して,江戸時代初期から明治に至るまで,公定枡の一種として甲州枡の使用が許された。この枡は京枡の3倍の容積をもつ特殊なものである。…

※「甲州枡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone