コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枡座/升座 マスザ

デジタル大辞泉の解説

ます‐ざ【×枡座/升座】

江戸時代、江戸および京都で幕府から特許を得て公定枡を製作・専売した所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ますざ【枡座】

江戸時代前期のは,太閤検地における基準枡である納枡によってほぼ統一されていたが,厳密には各地また用途によって枡目には相違があった。幕府は,江戸では樽屋藤左衛門を,京都では福井作左衛門を枡座とし,それぞれ縦横4寸7分5厘・深さ2寸9分,縦横4寸9分・深さ2寸7分の枡を公定枡として製作,販売にあたらせていた。そして寛文期(1661‐73)には,全国的流通の活発化などを背景に,幕府は諸国枡の調査を実施し,その結果をもとに1669年京枡をもって全国の枡を統一しようとし,江戸の樽屋と京都の福井とを枡座に定め,枡の製作,販売を独占させようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枡座
ますざ

江戸幕府が江戸と京都に置いた枡統制のための組織。江戸は町年寄の一人である樽屋藤左衛門(たるやとうざえもん)、京都は大工棟梁であった福井作左衛門(ふくいさくざえもん)が管掌。江戸枡座の枡は縦横4寸7分5厘、深さ2寸9分、京都枡座の枡は縦横4寸9分、深さ2寸7分であり、初期には東西で枡の大きさが異なっていた。幕府は、1669年(寛文9)京枡座(きょうますざ)の枡をもって基準枡とし、全国の枡の大きさを統一した。しかし、大藩ではなお独自の枡を使用するところもあり、その統一は不徹底なものであった。安永期(1772~1781)になり、それまで漠然と江戸と京都とで分割されていた販売地域が、17世紀半ばには東西の国ごとに分割されていた秤座(はかりざ)に倣い、東西に分割された。以降、両枡座から枡改めの役人が諸国に派遣されるようになった。明治維新後も1875年(明治8)に度量衡取締条例が発令されるまで秤座とともに存続した。[藤井讓治]
『藤井讓治著「江戸幕府寛文期の枡統制」「秤座・枡座における東西分掌体制の成立」(『幕藩領主の権力構造』所収・2002・岩波書店) ▽馬場章著「江戸時代における量制統制の形態」(『日本史研究290』所収)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の枡座/升座の言及

【升∥枡】より

… その後寛文年間(1661‐73)に幕府は方を4寸9分につめ,深さを2寸7分,体積を6万4827立方分とした。ついで江戸幕府は全国の枡を統一するため江戸と京都にそれぞれ枡座を置き,枡の製作,販売および〈枡改め〉,つまり取締りを行わせた。しかし公定の枡が出そろって枡改めが行われるようになったのは江戸末期で,しかも紀州藩など大藩には独自の枡を作るところもあり,地域的に多少の不統一もあった。…

※「枡座/升座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枡座/升座の関連キーワード樽屋藤左衛門(初代)京都市歴史資料館江戸時代尺貫法度量衡江戸枡枡改め

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android