コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲州葡萄 コウシュウブドウ

デジタル大辞泉の解説

こうしゅう‐ぶどう〔カフシウブダウ〕【甲州××萄】

山梨県の甲府市甲州市を中心とする地方で産出するブドウの総称。
ブドウの一品種。甲府盆地の特産。果実は明るい紫褐色で、甘味が強い。12世紀ごろ、中国から移入したといわれ、日本で最も古くから栽培。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゅうぶどう【甲州葡萄】

甲府盆地で産出するブドウ。
ブドウの一品種。古くから山梨県で栽培され、果実は晩生でやや大きく、色は紅紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甲州葡萄の関連キーワード福羽 逸人桂乃露山梨県晩生

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android