異版・異板(読み)いはん

精選版 日本国語大辞典 「異版・異板」の意味・読み・例文・類語

い‐はん【異版・異板】

〘名〙 本文は同じだが、刊行時期や版元の違いにより版の様式が異なる出版物
当世書生気質(明治文学名著全集)‐解題(1926)〈神代種亮〉「初版本を以て底本となし、旁ら別製本及び別製本異版を参照して校訂せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android