コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異苑 いえんYi-yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異苑
いえん
Yi-yuan

中国の志怪小説集。六朝時代の宋の劉敬叔の著。 10巻。当時の人物についての超自然的な逸話,幽霊,狐狸にまつわる民間の説話などを記したもの。現存のテキストは明代の胡震亨によって編集し直されたもので,原著とは異なっていると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異苑
いえん

中国、六朝(りくちょう)(そう)代の説話集。10巻。劉敬叔(りゅうけいしゅく)著。現存のテキストは、明(みん)代に改めて編集されたもので、『津逮秘書(しんたいひしょ)』と『学津討源(がくしんとうげん)』の両叢書(そうしょ)に収められているものがもっともよくまとまっている。六朝時代に数多く著された志怪(しかい)書の一つで、内容は、当時の人物に関する怪奇な挿話、民間に伝わる超自然的な説話から、仏教説話にもわたり、他の志怪書と比べてかなり多彩である。著者劉敬叔は彭城(ほうじょう)県(江蘇(こうそ)省)の人。六朝の宋に仕え、文帝のときに、拝謁・奏上の取次ぎなどをつかさどる給事黄門郎(きゅうじこうもんろう)となり、泰始年間(465~471)に病没したと伝えられる。[竹田 晃]
『前野直彬・尾上兼英他訳『幽明録・遊仙窟他』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

異苑の関連キーワード子育て幽霊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android