多端(読み)たたん

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐たん【多端】

〘名〙 (形動) 複雑で多岐にわたっていること。特に、人や用事の多いこと。また、そのさま。多忙。多事。
※続日本紀‐霊亀元年(797)九月己卯「庶務多端、一日万機」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一六「閑暇があったらと思って居ても、イヤどうも事務多端(タタン)で」 〔漢書‐食貨志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

た‐たん【多端】

[名・形動]
複雑で多方面にわたっていること。また、そのさま。「多岐多端
事件や仕事が多くて忙しいこと。また、そのさま。多忙。多事。「国事多端
「誠に家事―で」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android