コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴人の告白 ちじんのこくはく Le Plaidoyer d'un fou; En dåres försvarstal

2件 の用語解説(痴人の告白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痴人の告白
ちじんのこくはく
Le Plaidoyer d'un fou; En dåres försvarstal

スウェーデンの劇作家,小説家 A.ストリンドベリの自伝的小説。最初フランス語で書かれ,1893年にドイツ語訳,1915年にスウェーデン語版が出た。最初の妻との恋愛から結婚,離婚までを描き,作者の女性憎悪が現れている作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

痴人の告白
ちじんのこくはく
En dres frsvarstal

スウェーデンの作家ストリンドベリの小説。1887年秋から88年春にかけてフランス語で書き(その表題はPlaidoyer d'un fou)、発表の意志はなかったが、93年不完全なドイツ語訳が現れ、内容について裁判沙汰(ざた)となる。フランス語版は95年、スウェーデン語版は死後の1914年、全集の一冊として刊行された。最初の妻シリ・フォン・エッセン(作中のマリア)に対する愛憎の吐露で、四部に分かれる。第一部で美化して描かれた女主人公は、第二部以下では、冷血非情の姦婦(かんぷ)、男は利用されるばかりの哀れな犠牲者のごとくに描かれる。彼の徹底した女性憎悪の思想は、精神病的資質に由来し、実際のシリがここに描かれたままの女性であったとは断じられない。原題は「ある阿呆(あほう)の弁明」の意で、多分に女性攻撃の書であることは、この作品の最後にみえる一句「私は復讐(ふくしゅう)を遂げた、これであいこだ」からも想像できよう。[田中三千夫]
『山室静訳『痴人の告白』(『世界文学全集10』所収・1955・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

痴人の告白の関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン室内管弦楽団スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone