コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癇癪玉 カンシャクダマ

4件 の用語解説(癇癪玉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんしゃく‐だま【××癪玉】

少量の火薬を金剛砂に混ぜ、紙に包んで小さな玉にしたもの。投げつけると破裂して大きな音を出す。
癇癪によって起こる怒り。「癇癪玉が破裂する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

癇癪玉【かんしゃくだま】

火薬を金剛砂に混ぜ,紙に包んで小さな玉にした玩具(がんぐ)。花火の一種。投げつけると音を立てて爆発して鳴り響く。すぐに怒ることを〈癇癪を起こす〉ということから連想されてこの名がついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゃくだま【癇癪玉】

玩具花火の一種。少量の火薬と金剛砂を紙玉にした音響玩具で,地面に投げつけたり強く踏みつけたりすると爆発して鳴り響く。すぐに怒ることをかんしゃくを起こすということから,怒りの爆発発作にかけてこの名がついた。英語ではクラッカーボールcracker ball。赤青黄などの色紙に火薬を包んであるので五色玉ともいった。現行火薬類取締規則では玉の直径1cm以下,重量1g以下となっている。また縦横10cmの色紙に火薬を包んだ紙粒(平玉)を1枚25粒はりつけた〈紙玉〉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

癇癪玉の関連情報