癇癪玉(読み)カンシャクダマ

デジタル大辞泉の解説

かんしゃく‐だま【××癪玉】

少量の火薬を金剛砂に混ぜ、紙に包んで小さな玉にしたもの。投げつけると破裂して大きな音を出す。
癇癪によって起こる怒り。「癇癪玉が破裂する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

癇癪玉【かんしゃくだま】

火薬を金剛砂に混ぜ,紙に包んで小さな玉にした玩具(がんぐ)。花火の一種。投げつけると音を立てて爆発して鳴り響く。すぐに怒ることを〈癇癪を起こす〉ということから連想されてこの名がついた。英語ではクラッカー・ボールcracker ballという。類似のものに爆竹がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゃくだま【癇癪玉】

玩具花火の一種。少量の火薬と金剛砂を紙玉にした音響玩具で,地面に投げつけたり強く踏みつけたりすると爆発して鳴り響く。すぐに怒ることをかんしゃくを起こすということから,怒りの爆発発作にかけてこの名がついた。英語ではクラッカー・ボールcracker ball。赤青黄などの色紙に火薬を包んであるので五色玉ともいった。現行火薬類取締規則では玉の直径1cm以下,重量1g以下となっている。また縦横10cmの色紙に火薬を包んだ紙粒(平玉)を1枚25粒はりつけた〈紙玉〉がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしゃくだま【癇癪玉】

子供のおもちゃで、火薬を豆つぶほどに丸めて紙に包んだもの。打ちつけると大きな音を出して破裂する。
癇癪を起こして発する怒り。 「ついに-を破裂させる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんしゃく‐だま【癇癪玉】

〘名〙
① (怒りの気持が体内にたまって、玉になっていると考えられたところから、また、癇癪を起こすことを「破裂」「爆発」と表現する縁でいう) =かんしゃく(癇癪)
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一〇「すこしのことにかんしゃく玉(ダマ)が沸くりけへって」
② 子どもの玩具の一つ。少量の火薬と金剛砂を紙に包み、小球形にしたもの。地面などの固い所に投げつけると破裂して大きな音をたてる。〔和英語林集成(再版)(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android