コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発達性協調運動障害 はったつせいきょうちょううんどうしょうがい Developmental Coordination Disorder

1件 の用語解説(発達性協調運動障害の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

発達性協調運動障害

筋肉や神経、視覚・聴覚などに異常がないにもかかわらず、「ボールを蹴る」「字を書く」などの協調運動に困難を呈する障害。発達障害の類型の一つとされる。
この障害を持つ人は、例えば「這(は)う」「歩く」といった乳幼児期の運動面の発達においてすでに、標準の月齢より遅れが見られる。学齢期には、いわゆる「不器用な子」「運動が苦手な子」として見られ、学業成績に影響を及ぼしやすい。また、同世代の子どもとの遊びについていけないといった社会的な困難も生じやすい。症状の程度によっては生活技能訓練を行い、社会生活への適応を促すこともある。
障害が表れる運動のタイプは、走ったり跳んだりといった全身運動(粗大運動)、はさみを使ったりボタンを留めたりといった手先の運動(微細運動)、スキップをしたり縄跳びをしたり楽器を演奏するなどの組み合わせ運動(構成行為)に分類されている。
原因はまだ不明だが、運動中の脳神経の働きを観察し、特定の部位に異常を認めたとする研究結果も発表されている。また、成長につれて不器用さが目立たなくなっていくケースが多い。
アメリカ精神医学会の現在の診断基準(DSM-IV-TR)では、広汎性発達障害とは区別することになっている。だが、本障害とADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)の合併例が存在し、かつADHDと広汎性発達障害の合併例も存在することから、全く別の障害というわけではないのではないかという見方が強まっている。。現在この診断基準は、2013年に予定されている改訂(DSM-V)に向けて、発達障害という概念も含め、再検討中である。
映画「ハリー・ポッターシリーズの主演俳優ダニエルラドクリフは、この障害を持っており、インタビューに答えて、靴ひもが結べないと明かしたことがある。

(石川れい子  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発達性協調運動障害の関連キーワード空間知覚神経性下痢脳神経視聴覚静止電位知覚神経変質者失読症先天性代謝異常症内分泌異常

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発達性協調運動障害の関連情報