コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白癩 ビャクライ

4件 の用語解説(白癩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びゃく‐らい【白×癩】

ハンセン病の一型の古称。身体の一部または数か所の皮膚が斑紋状に白くなるものをさす。しらはだ。
そむけば白癩になるという意で、強い決意や禁止を表す語。副詞的に用いる。
「商ひ馬に乗らんとは、―ならぬ、ならないぞ」〈伎・矢の根
不意の出来事に驚く気持ちを表す語。感動詞的に用いる。
「一文字に切り付くれば、―これはと抜き合はせ」〈浮・伝来記・七〉

しら‐はたけ【白×癩】

色素の減少・消失によって皮膚に白斑ができる病気。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらはたけ【白癩】

〔「しらはだけ」とも〕
白癜しろなまず 」に同じ。 「 -と云て病付きて/今昔 20

びゃくらい【白癩】

皮膚が白くなるハンセン病。
〔「そむけば白癩になる」という意から〕 かたい誓い・決心の言葉として用いる語。 「いやぢや、-否ぢや/桐一葉 逍遥」 「 -返してくれられと歯の根もあはぬ胴ふるひ/浄瑠璃・平家女護島」
不意の出来事に驚いて発する語。 「 -これはと抜き合わせ戦ふ所に/浮世草子・武道伝来記 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone