白重ね/白襲(読み)シラガサネ

デジタル大辞泉の解説

しら‐がさね【白重ね/白襲】

白地の薄物で仕立てられた半臂(はんぴ)下襲に白の帷子(かたびら)単(ひとえ)を重ねて着ること。しろがさね 夏》
襲(かさね)の色目の名。表裏とも白。また、表裏とも白い下襲(したがさね)。盛夏に用いるほか、陰暦4月・10月の更衣(ころもがえ)に用いる。しろがさね。

しろ‐がさね【白重ね/白襲】

しらがさね」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android