コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半臂 はんぴ

6件 の用語解説(半臂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半臂
はんぴ

束帯の内衣。 (ほう) と下襲 (したがさね) の間に用いる胴着風の衣で,短い袖と (らん) をつけたもの。地質は位によって異なり,色は本来は深紫であったが,中世から黒となったので黒半臂といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぴ【半×臂】

古代、袍(ほう)位襖(いあお)の下に着用した朝服の内衣で、袖幅が狭く、丈の短い、裾に襴(らん)をつけたもの。平安時代以降、朝服が和様化した束帯では、袍と下襲(したがさね)との間につける袖のない形に変化した。着用して結ぶ帯を小紐(こひも)といい、左脇に垂らす飾りひもを忘れ緒(お)という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

半臂【はんぴ】

束帯装束の袍(ほう)と下襲(したがさね)の間に着る短衣。袖(そで)はないか,あってもごく短い。裾(すそ)まわりに襴(らん)という幅の狭い横裂(よこぎれ)がつき,襴の両脇と後ろには襞(ひだ)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんぴ【半臂】

男子朝廷服の一種。奈良時代から平安時代初期にかけては,袖はごく短く,裾に襴(らん)のついた短衣で,朝服の内衣として(ほう)や(あお)の下に着用した(図)。平安時代中期以降,朝服が和様化した束帯においては,袖無しの直線裁ち式の短衣となって,袍の下,下襲(したがさね)の上に着装した。腰部で前を合わせるのに,身ごろと同じ生地で仕立てた小紐を用いた。さらにその結びあまりの部分のみを別にし,一幅の生地を中折れにたたんだものを小紐に掛けて垂らし,これを忘緒(わすれお)と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんぴ【半臂】

束帯着用の際、袍ほうと下襲したがさねとの間に着る、袖無しの胴衣。裾に襴らんをつけ、腰を小紐で結び忘れ緒を垂らす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半臂
はんぴ

貴族階級の衣服の一種。男子朝服の内衣で、袍(ほう)や襖(あお)の下に着用する。奈良時代から平安時代初期にかけての半臂は、袖(そで)幅が狭く、それが名称の由来である。腰部を細くして丈が短い身頃(みごろ)の裾(すそ)に生地(きじ)を横向きにして、両側と後ろの三か所に、襞(ひだ)をとった襴(らん)を縫い付けている。平安時代中期以降、朝服が和様化し、長大化して束帯といわれるようになると、半臂も他の衣服と同様に直線裁ち式で、袖をつけない形に変化した。身頃と同じ生地で仕立てた小紐(こひも)で腰を締め、その結び余りの部分のみを別にし、一幅(ひとの)の生地を中折れに畳んだものを小紐にかけて垂らし、これを忘緒(わすれお)とよんだ。生地は、奈良時代から平安時代初期にかけて、(あしぎぬ)、平絹、綾(あや)が用いられ、平安時代中期以後、冬は五位以上の者は黒綾、文様は小葵(こあおい)、六位以下は平絹か無文綾、夏は五位以上の者は黒(こく)、文様は三重襷(みえだすき)、襴は夏冬とも五位以上の者は黒羅を用いた。舞楽装束の半臂は華やかなものが多く、正倉院蔵のものは(ろうけち)、絞纈(こうけち)(きょうけち)により文様が表されたものや、錦(にしき)を用いたもの、中世以降のものは、刺しゅう、絞り染め、錦などが使われている。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の半臂の言及

【束帯】より

…武家も将軍以下五位以上の者は大儀に際して着装した。束帯の構成は(ほう),半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ),単(ひとえ),表袴(うえのはかま),大口,石帯(せきたい),魚袋(ぎよたい),(くつ),(しやく),檜扇,帖紙(たとう)から成る。束帯や十二単のように一揃いのものを皆具,あるいは物具(もののぐ)といった。…

【舞楽装束】より


[歌舞の舞人装束]
 歌舞とは,神楽(御神楽(みかぐら)),大和(倭)舞(やまとまい),東遊(あずまあそび),久米舞,風俗舞(ふぞくまい)(風俗),五節舞(ごせちのまい)など神道系祭式芸能である。〈御神楽〉に使用される〈人長舞(にんぢようまい)装束〉は,白地生精好(きせいごう)(精好)の裂地の束帯で,巻纓(けんえい∥まきえい),緌(おいかけ)の,赤大口(あかのおおくち)(大口),赤単衣(あかのひとえ),表袴(うえのはかま),下襲(したがさね),裾(きよ),半臂(はんぴ∥はんび),忘緒(わすれお),(ほう∥うえのきぬ)(闕腋袍(けつてきほう)――両脇を縫い合わせず開いたままのもの),石帯(せきたい),檜扇(ひおうぎ)(),帖紙(畳紙)(たとうがみ),(しやく)を用い,六位の黒塗銀金具の太刀を佩(は)き,糸鞋(しかい)(糸で編んだ(くつ))を履く。手には鏡と剣をかたどった輪榊を持つ。…

※「半臂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

半臂の関連キーワード泥絵夷俘王朝時代山崎橋秋田県横手市平鹿町中吉田福島県双葉郡双葉町郡山奈良県奈良市月ヶ瀬尾山奈良県奈良市月ヶ瀬長引奈良県吉野郡吉野町宮滝広島県福山市蔵王町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone