百日草(読み)ヒャクニチソウ

  • ひゃくにちそう ‥サウ
  • ひゃくにちそう〔サウ〕
  • 百日草 (ヒャクニチソウ)

デジタル大辞泉の解説

キク科の一年草。高さ約90センチ。葉は長卵形で、茎を抱くように対生する。夏から秋にかけて、大きな花を開く。花は寿命が長く、一重であるが、八重の園芸種もあり、色も紅・紫・白など豊富。メキシコの原産で、江戸末期に渡来し、観賞用。ジニア 夏》「病みて日々―の盛りかな/古郷」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 キク科の一年草。メキシコ原産で、観賞用に栽培される。高さ五〇~九〇センチメートル。全体に粗毛が生える。葉は卵状楕円形で基部は茎をいだく。夏から秋にかけ、茎の先に大形の頭状花が咲く。舌状花は紫・淡紫・白・赤・淡紅色など品種が多く、八重咲きもある。花の寿命の長いところからこの名がある。《季・夏》 〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百日草の関連情報