コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇帝崇拝 こうていすうはいemperor worship; Kaiserkult

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇帝崇拝
こうていすうはい
emperor worship; Kaiserkult

政治的主権者が神格として崇められる現象。厳密には,アウグスツス以後のローマ皇帝を神として崇拝する観念,儀礼,組織。古代オリエントにおける王の神格化,小アジアのギリシア植民地におけるアレクサンドロス3世 (大王) 崇拝,そしてヘレニズム諸王朝における君主礼拝を先駆形態とする。ローマではギリシアのような神人崇拝の慣習はなかったが,ギリシアの影響を受けて前4世紀頃からロムルスの神格化が行われていた。カエサルはみずからをユピテルと呼ばせ,生存中に神格化された。アウグスツスは,神のごときユリウスと称し,東方では生存中から,西方でも死後神として崇拝された。以後のローマ諸皇帝には神格化を望まない者もおり,全皇帝が神として崇拝を受けたわけではない。神格化された皇帝としては,アウグスツスのほかに,トラヤヌス,ハドリアヌス,ピウス,カラカラなどがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

皇帝崇拝【こうていすうはい】

ローマ帝政期の,ローマ皇帝を神格化して崇拝する観念。元来ヘレニズム世界にみられた君主崇拝に由来する。キリスト教信仰と衝突し,教徒迫害の原因となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

皇帝崇拝の関連キーワードキリスト教美術祭政一致福音肖像

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android