コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇帝崇拝 こうていすうはい emperor worship; Kaiserkult

2件 の用語解説(皇帝崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇帝崇拝
こうていすうはい
emperor worship; Kaiserkult

政治的主権者が神格として崇められる現象。厳密には,アウグスツス以後のローマ皇帝を神として崇拝する観念,儀礼,組織。古代オリエントにおける王の神格化,小アジアギリシア植民地におけるアレクサンドロス3世 (大王) 崇拝,そしてヘレニズム諸王朝における君主礼拝を先駆形態とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

皇帝崇拝【こうていすうはい】

ローマ帝政期の,ローマ皇帝を神格化して崇拝する観念。元来はヘレニズム世界にみられた君主崇拝に由来する。キリスト教信仰と衝突し,教徒迫害の原因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

皇帝崇拝の関連キーワード棄権自然神人神崇める主権者神化政治的行為奇異性横隔膜現象ハンメルシュラグ現象レーデ‐ルンペル現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇帝崇拝の関連情報