コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現人神 あらひとがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現人神
あらひとがみ

明津御ともいう。人の姿となってこの世にれる神としての天皇の称。また非業の死とげ,神として現れる人をもいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あらひと‐がみ【現人神/荒人神】

《この世に人間の姿をして現れた神の意から》天皇の称。あきつかみ。あきつみかみ。
随時、姿を現して、霊験あらたかな神。特に住吉や北野の神などをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらひとがみ【現人神】

人の姿をとって現れる神を意味し,特に霊威のいちじるしい神についていう。古代では葛城一言主神(かつらぎのひとことぬしのかみ)や八幡神(はちまんしん)および航海神である住吉大神がそう呼ばれ,中古以降には菅原道真(北野神)をはじめとする御霊神(ごりようしん)をさすことが多い。後者の場合そのたたりのすさまじさから〈荒人神〉の意も含まれている。天皇もまた現人神とされたが,天皇には〈明(現)神(あきつかみ∥あきつみかみ)〉が公式の称号として多く用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現人神
あらひとがみ

人の姿をした神の意。『日本書紀』の景行(けいこう)天皇の条には、日本武尊(やまとたけるのみこと)が「吾是現人神之子也」といわれたとある。明御神(あきつみかみ)の類語。普通、天皇をさすが、天皇以外に用いられることもある。自ら現人神であると名のった奈良県葛城(かつらぎ)山の一言主神(ひとことぬしのかみ)や、住吉(すみよし)神を荒人神(あらひとがみ)とよんだ例などがある。[大原康男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の現人神の言及

【人神】より

…シャーマンの場合,一時的に人神に化しても,しばらくすると元の人間に戻っている。それに対して,恒久的に神化した概念とされるのが現人神(あらひとがみ)である。これは神霊を体現した人という意味であるが,しばしば強烈な霊の保持者に対する尊称として使用されていた。…

※「現人神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

現人神の関連キーワード日向系神話(ひゅうがけいしんわ)天皇人間宣言山本 七平国家神道住吉大社国家主義祭政一致政教分離雄略天皇住吉神即身仏明仁軍旗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現人神の関連情報