コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益する エキスル

デジタル大辞泉の解説

えき・する【益する】

[動サ変][文]えき・す[サ変]利益を与える。役に立つ。「社会に―・する事業」「住民を―・する行政

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきする【益する】

( 動サ変 ) [文] サ変 えき・す
人や世の中のためになる。利益を与える。 「何ら-・する所がない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

益するの関連キーワードペリクレスの戦没者葬送演説(抄)西川正休(にしかわまさよし)入会林野(いりあいりんや)佐羽吉右衛門(2代)ディオクレティアヌスヒポクラテスの誓い穀物メジャー政治的腐敗ゲウェーレ小出 信吉名臣言行録諮詢・咨詢朝腹の丸薬唯に・啻に中山 駸馬利用行為安斎随筆三聚浄戒済度利生用益物権

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android