コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得る ウル

デジタル大辞泉の解説

うる【得る】

[動ア下二]《本来は下二段動詞「う」の連体形》
え(得)る」に同じ。「うるところが多い」「承認をうる
動詞の連用形に付いて、…することができる、可能である、の意を表す。「できうるかぎりの努力」「ストライキは回避しうる」→える
[補説]ふつう連体修飾語として用いるが、改まった表現や古めかしい表現には終止法としても用いられる。

える【得る】

[動ア下一][文]う[ア下二]
努力して自分のものにする。手に入れる。獲得する。「利益をえる」「信頼をえる」「承認をえる
納得する。理解できる。悟る。「要領をない質問」「よくその意をない」
好ましくないものを身に受ける。「罪をえる」「病をえる
(多く、活用語の連体形に助詞「を」を添えた形に付いて)可能である、の意を表す。…できる。「そうせざるをない」「ようやく監視の目を逃れることをた」
(動詞の連用形に付いて)
㋐…できる。「微笑を禁じない」
㋑そのようになる可能性がある。「交渉決裂もありえる」「起こりない事故」
得意とする。すぐれている。
「これかれたる所ぬ所、互ひになむある」〈古今・仮名序〉
[補説]鳥や獣のえものを手に入れる場合には「獲る」とも書く。また、終止するときは文語形の「うる」となることがあり、特に5の終止形・連体形は「うる」を用いることが多い。→う(得)る
[下接句]簡にして要を得る九死に一生を得る御意(ぎょい)を得る志(こころざし)を得る事なきを得る力を得る時を得る所を得る名を得る万死(ばんし)の中(うち)に一生を得る要領を得ない我が意を得る蛟竜(こうりょう)雲雨(うんう)を得(う)虎穴(こけつ)に入(い)らずんば虎子(こじ)を得ず二兎(にと)を追う者は一兎をも得ず

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うる【得る】

( 動下二 )
動詞「える(得る)」の文語的な言い方。古語の下二段活用動詞「う」の連体形が、現代語でも終止形・連体形として用いられる。
「える」に同じ。 「今日の会は大いにうるものがあった」
動詞の連用形の下に付いて、可能の意を表す。…することができる。 「…ということも十分ありうる」 「集めうる限りの材料をみな集める」 「できうることならば、もう少し日時がほしい」 → える(得る)

える【得る】

( 動下一 ) [文] ア下二 う
自分のものとする。手に入れる。 「賞金をる」 「知識をる」 「男はこの女をこそめと思ふ/伊勢 23」 → える(獲)
好ましい状態を自分のものとして受ける。 「小康をる」 「支持をる」 「機会をる」
自分の意志に反して、好ましくない物事を身に受ける。 「病をる」 「罪をる」
(「要領を得る」「意を得る」などの形で)さとる。理解する。 「彼の話は一向に要領をない」
得意とする。 「これかれたる所、ぬ所、互になむある/古今 仮名序
動詞の連用形の下に付いて、…することができるの意を表す。 「言いて妙だ」 「一言の言葉もかわしないで別れた」 「笑いを禁じなかった」 〔連体形・仮定形には下二段活用の「うる」「うれ」が使われる〕 → うる(得)う(得)えない
[慣用] 緩急宜しきを- ・貴意を- ・御意を- ・志を- ・事無きを- ・力を- ・時を- ・所を- ・名を- ・要を- / 我が意を得たり
[表記] える(得・獲)
「得る」は“手に入れる。自分のものにする”の意。「名声を得る」「病を得る」「罪を得る」「要領を得ない」  「獲る」は“獲物を捕らえる”の意。ただしこの場合「獲る」と読む方が一般的。「猟で鴨を獲る」「多くの戦利品を獲る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

得るの関連情報