濡れ手で粟(読み)ヌレテデアワ

デジタル大辞泉の解説

濡(ぬ)れ手(て)で粟(あわ)

濡れた手で粟をつかめば粟粒がたくさんついてくるように、ほねをおらずに多くの利益を得ること。やすやすと金もうけをすること。
[補説]「濡れ手で泡」と書き、いくら努力しても実りがないことの意とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬれてであわ【濡れ手で粟】

〔濡れた手で粟をつかむと粟粒がたくさんくっついてくるところから〕
苦労せずに多くの利益をあげることのたとえ。濡れ手で粟のつかみ取り。 〔「濡れ手で泡」と書くのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濡れ手で粟の関連情報