一攫千金(読み)イッカクセンキン

  • いっかくせんきん イックヮク‥
  • いっかくせんきん〔イツクワク〕
  • 一×攫千金

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一つかみで千金をつかみとること。一度に巨額の利益を得ること。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「一攫(クヮク)千金(キン)の期とは即ち是也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一度に巨額の利益を得ること。

[使用例] 一攫千金を夢みる株屋じゃないか[島崎藤村*家|1910~11]

[使用例] 大きな相場を手掛け出したので、また昔の一攫千金の夢が父を見舞うようになったらしい[大岡昇平*父|1951]

[解説] 「一攫」はひとつかみという意味。もともとはひとつかみで千金、すなわち大量の金をつかむこと。

[類語] いっかくばんきん

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一攫千金の関連情報