稼ぐ(読み)カセグ

デジタル大辞泉の解説

かせ・ぐ【稼ぐ】

[動ガ五(四)]
生計を立てるために、一生懸命に働く。「骨身を惜しまず―・ぐ」
働いてお金を得る。「学費を―・ぐ」
試合などで、得点をあげる。「打点を―・ぐ」「下位力士を相手に星を―・ぐ」
(「点をかせぐ」「点数をかせぐ」の形で)自分の立場が有利になるように行動をとる。評価を高める。「母の手助けをして点を―・ぐ」
(「時をかせぐ」「時間をかせぐ」の形で)都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させる。「支度ができるまで司会者が時間を―・ぐ」
探し求める。
「繁華の都へ出て奉公を―・ぎ」〈黄・栄花夢
[可能]かせげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かせぐ【稼ぐ】

( 動五[四] )
働いて収入を得る。 「アルバイトで-・ぐ」 「学費を自分で-・ぐ」
(点数・得点などを)努力して得る。 「英語で点数を-・いだ」 「 S 選手一人で点を-・いだ」
利益を得る。 「利ざやを-・ぐ」
自分の都合の良い情勢になるまで時間を引きのばす。 「援軍が来るまで時を-・ぐ」
仕事などにはげむ。努力して…する。 「此のおうぢも、若い時-・いだによつて、今楽をする/狂言・財宝」
[可能] かせげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稼ぐの関連情報