コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相田暢一 アイダチョウイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相田暢一 あいだ-ちょういち

1921-2012 昭和-平成時代の野球功労者。
大正10年5月生まれ。早大野球部に入部したが,肩を壊しマネジャーに転向。昭和18年,学徒出陣をひかえた選手による「最後の早慶戦」開催に奔走。また,大量のバットやボールをかき集めて戦後の野球復興につなげた。戦後,学生だったが21-22年早大の監督に就任。のちアマチュア野球の審判や連盟役員をつとめた。平成24年4月30日死去。90歳。26年特別表彰で野球殿堂入り。北海道出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android